記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆愚政治により株価・為替が下落

日本経済は、新しい産業を創出することなく既得権益ための政治を続けてきた。まともな政治をしていたら20年も不況をやっているわけはない。金持ちには金が流れてくるように法を整備し、貧乏人からは徹底的に吸い上げる。やはり今さらながら日本にも国民革命に似た運動が起きないと正常化してこないのだろう。

正しい民主主義が機能している国というのは、その裏で血を血で争う対立が起きてきた。その結果、パワーバランスが上手く機能しているのだが、日本では脅しに弱いためか衝突するまでには至らない。SMAP移籍で裏切った木村のように保守的な人間が足を引っ張るからだ。民主主義とは声をあげ主張することである。

日本人の本当の敵は、異常なほど税金を吸い取ってまで私腹をこやす輩である。なぜか高齢化社会のせいで不況になっているようなミスリードがされているが、日本の不況は政治腐敗にあることを肝に銘じなければならない。少し探せば第二の甘利なんてたやすくみつかるはずだ。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。